HOME > ビギナーズ相談室

ビギナーズ相談室

釣りえさの選び方

釣りエサは魚種や釣り方、時期により変わってきます。
例えばメバルを釣りに行くのも、青虫、砂虫、シラサエビと様々なエサをチョイスできます。
青虫は通年使用しますが、昼間に使う時は動きの良いシラサエビを使ったり、アピールしたい時は青虫より動きのある砂虫を使う場合もあります。
ですので、釣りに行く魚種と釣り方を店員さんに聞くのが一番ベストです!

釣りえさの種類

<活エサ>
活エサについては【活エサ情報】にて掲載していますのでそちらを参考にして下さい。

<集魚剤>
主にはチヌやグレなどのフカセ釣りに使用します。
サビキ釣りにアジ用の集魚剤や、筏釣りのカレイの集魚剤といった集魚剤もありますので釣り場や釣り方によっては効果を発揮します。

<冷凍エサ>
フカセ釣りに使うオキアミやサビキ釣りに使うアミエビなど活エサが苦手な方は冷凍エサをオススメします。

魚釣りに持っていくもの

釣りに持っていく物や事前確認のチェックリストです。

必ず持参するもの
◎釣り竿
◎リール
◎仕掛け、ルアー
◎釣り餌
◎ライフジャケット

釣行日の状況により持参するもの
〇クーラーBOX
〇サングラス
〇水汲みバケツ
〇玉網
〇タオル
〇着替え
〇フィッシングシューズ
〇弁当、飲み物

事前にチェックしておくこと
▲釣り場の確認(行先や釣り座の状況)
▲天候(危険な釣行をしないように天気予報はこまめにチェックしましょう)
▲お金(渡船代、遊漁船代、交通費など)

釣りに最適な服装

〇服装
ジーンズなどの動きやすい恰好が良いです。
雨具や防寒服、着替えを持参しておけば急激な天候の変化に対応できます。

〇はきもの
フィッシングシューズあるいはフィッシングブーツをオススメします。
靴底の種類がスパイクやフェルトなど様々ありますので使用する場所などをお近くの釣具店さんへご相談ください。
スニーカーは防波堤では構いませんが、磯場やテトラ帯は滑りやすく危険ですので使用しないで下さい。
サンダルは釣り針や魚のヒレが足に刺さったりする危険があるのでオススメできません。

〇ライフジャケット
釣り場ではいろんな危険が伴いますが、転落事故や波にさらわれるなどの事故が非常に多いです。
ライフジャケット着用の生存率はかなり高くなるので必ず着用してください。

〇帽子
夏場の熱中症対策、冬場の防寒対策になります。

海の危険な魚・生き物~ウミケムシ~


ウミケムシは投げ釣りでよく釣れる危険な生物です。
毒針に覆われています。
誤って触れてしまうと腫れあがってしまいます。
また、抜けたあとの毛にも毒素は残っていますので釣り針や釣り糸など
毛が付着していないかきちんと確認してからエサを付け替えるようにして下さい。
ウミケムシをはずす時は必ずプライヤーで外して下さい。

4月のオススメの釣りを教えて下さい

昼:カレイ・チヌ・アジ
夜:メバル・アジ・タチウオ
●カレイは投げ釣りで狙います。防波堤からでも狙えますので初心者にもオススメです。
●チヌはマキエを使ったフカセ釣りで狙います。
●メバルはルアー、ウキ釣りなど幅広い釣り方で狙えるので簡単にチャレンジできる魚種です。
●タチウオはゴールデンウィーク頃から釣れ始めます。ルアー、エサ釣りどちらでも狙えます。
●アジの回遊が出始める季節です。サビキ、ルアーで狙えます。

投げ釣りの竿の選び方を教えて下さい

長さの選び方
2m70cm~3m
⇒せまい防波堤など大きく振りかぶることが難しい場所や、20~30m付近に釣れるポイントがある場所などで使用。幼児~小学生低学年くらいのお子様は、もう少し短めの2mくらいの竿が扱いやすいです。
3m30cm~3m60cm
⇒投げ釣り初心者にオススメの扱いやすい長さ。50m前後の飛距離とオールマイティーに使いやすい。
3m90cm~4m20cm
⇒本格的な投げ釣りを始める方にオススメ。長さがある分扱いにくくなりますが、扱えるようになると100m以上投げることができます。

硬さの選び方
10号~15号
⇒防波堤でのチョイ投げ釣りに最適。小さなお子様もこのくらいのおもりが投げやすいです。
20号~25号
⇒中遠投(50~70m)できる硬さです。キスの引き釣りやカレイ釣りでの使用に最適。
30号以上
⇒遠投が必要な場所や潮流の速い場所での使用にオススメ。

遠投性能は竿の硬さや長さだけではなく、投げ方でも飛距離が変わってきます。
力まかせでは飛距離は出ないので振り込んだ時に投げやすい長さ、硬さを選ぶことをオススメします。

3月のオススメの釣りを教えて下さい

昼:カレイ・チヌ
夜:メバル
カレイは投げ釣りで狙います。防波堤からでも狙えますので初心者にもオススメです。
チヌはマキエを使ったフカセ釣りで狙います。
メバルはルアー、ウキ釣りなど幅広い釣り方で狙えるので簡単にチャレンジできる魚種です。

TOPへ